NEC Aterm WG1200CR

OpenWrtのAtermに3機種目が加わりました。今回は、コンパクトなこの機種です。
某氏より提供頂き、知識不足等から少々時間が掛かりましたがサポート作業を進めてマージされました。
まとめます。

仕様

既にサポートされているWG800HPと同様、QCA9563を搭載しています。
有線のポート数が2ポートしかない為、switchチップはわずかに異なるものを搭載しています。無線に2.4GHz帯はSoC内蔵の無線機能を、5GHz帯はPCIeで接続されるチップを利用することはWG800HPと同様ですが、MIMOが異なることはもちろんのこと、最新の機種故かWave2対応のQCA9888を搭載しています。
ただし、いずれの無線機能もOpenWrtでの使用は法律の関係上非推奨です

  • SoC: Qualcomm Atheros QCA9563(750MHz, 1C1T)
  • RAM: DDR2 SDRAM 128MB (Winbond W971GG6SB-25)
  • Flash: SPI Flash 8MB (Macronix MX25L6433F)
  • WAN/LAN: 1000Mbps x1 / 1000Mbps x1 (QCA8334)
  • UART: 115200bps(電源コネクタ側からVcc, GND, NC, TX, RX)

その他詳細については雑記を参照。

OpenWrt化

メーカーファームから投入できるファームウェアの形式の特定その他に時間が掛かってしまったものの、factoryを用意できた為簡単にインストールすることができます。

WG1200CRを起動
WG1200CRに電源ケーブルを繋ぎ、普通に起動。
WebUIにアクセス
PCとWG1200CRをLANケーブルで接続し、 http://192.168.10.1/にアクセスしてファームウェア更新ページへ移動する
ファーム更新
WG1200CR用のfactoryファームを選択し、アップデートを実行
完了
Flashへの書き込みが完了後再起動され、OpenWrtで起動してくる

既知の問題

“POWER” 以外のLEDが使用できない
WG1200CRでは、搭載するLEDの個数が多すぎるため、”POWER” に存在する緑/赤のLED以外は全て5GHz帯用に搭載されているQCA9888に接続されています。
今回のPRに対応して頂いた方によると、以前はath10k系列チップにおけるGPIOコントロールは実装が存在したものの、既に削除されており現在は利用できないとのこと。
このため、再度実装が追加されない限り、これらのLEDは使用できません。

作業時あれこれ

色々

今回もWG800HPの時と同様、Cのプログラムに絡んでメンテナ氏にいくらか対応して頂いたので、とても感謝。学習していかねば。
“既知の問題” に書いた通りPOWER以外のLEDが使用できないのが残念な点ではあるものの、小型でありながらGbE対応で、なおかつSoCにもある程度パワーがあり、価格もさほど高くないので特化した用途に良いかな、という感じ。
Aterm、搭載LED多すぎて癖のある構成になっている機種が多いのは何なんだろう…無線チップのGPIO利用したり(例: WR8750N, WR9750N)、I2Cエキスパンダを搭載して利用していたり(例: WG1400HP)…。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中