LuCIの日本語訳について

今更ではあるものの、とりあえずメモというかざっくりまとめ。

LuCIとは

  • ルータ用Linuxディストリビューションである、OpenWrtやその派生のLEDE-Project用WebUI
  • “Lua Configuration Interface” の略の通り、Luaによって記述されている
  • 基本的にLuCIだけでは機能せず、本体アプリケーションと一緒に機能する
    例: luci-app-adblock -> luci-app-adblock (LuCI App) + adblock(本体)
  • LuCIの機能は、ユーザーが新しく追加することができる
  • 様々な言語で利用できる(2017/03/01現在、26言語)
  • 未翻訳の部分は、ユーザーが訳して追加することもできる
    • 少し前から参加

LuCIプロジェクトへの参加

  • 基本GitHub上での参加
    • 機能の追加や修正、翻訳の追加や修正どちらもここ
    • かつては翻訳ポータルを利用していたらしいが、現在はGitHubのみ
  • ガイドラインで全てのコミットに実名と有効なメールアドレスでサインを入れることが定められている
    • “git commit –signoff”、もしくは手書き
    • 例: Signed-off-by: YAMADA Tarou <hogehoge@gmail.com>
    • メールアドレスはGmail等でOK
    • 名前の書き方についてはweblioの解説ページなどを参照
      • 私は基本 “姓 名” の順で姓を全て大文字
    • 実名ではない名前でのコミットをPRした場合、プロジェクトメンバーから “次から実名でコミットするように” と指摘が入る
      • 何度も繰り返すとたぶんPRを蹴られる(やったことは無い)

LuCIの翻訳

  • 現状LuCIプロジェクトに各言語の担当者はいない
  • luci-base、luci-appで一つずつ分離されているpoファイルに対訳を書き込む
  • 既存の訳文と表記をできるだけ揃える
    • 現在作業中
  • poファイルが存在しないluci-appの場合、当該Appのpot(テンプレートファイル)から新規にpoファイルを作成する
    • 作成するpoファイルは、”luci-app-xxx” の “xxx” と同じファイル名にする(違っていると翻訳が適用されない)
  • pot(テンプレートファイル)が存在しないluci-appの場合、buildディレクトリ以下にある “i18n-scan.pl” を使用してテンプレートを他のluci-appと同様の階層に生成する
    $ ./build/i18n-scan.pl applications/luci-app-adblock > applications/luci-app-adblock/po/templates/adblock.pot
    • LuCI翻訳補助ツール等のドキュメント
    • poが存在しない場合と併せ、可能であれば翻訳後にビルドして翻訳が適用されるか確認する
      • “feeds.conf.default” をコピーして “feeds.conf” とし、”luci” の行を
        src-git luci https://github.com/(GitHubユーザー名)/(自フォーク).git;(ブランチ名)

        に置き換える
        例:

        #src-git luci https://git.lede-project.org/project/luci.git
        src-git luci https://github.com/musashino205/luci.git;wg-add-ja
        
  • 翻訳する機能を可能な限り理解してから訳す
    • トンデモ訳や誤操作の原因になる誤訳を防止するため
    • 翻訳するluci-appの本体Appのドキュメントが理解するのに最適
  • 翻訳する文字列がどこに表示されるものか、極力実際のUIで確認する
    • 項目名なのか、項目に対する説明文なのかを区別するため
    • 説明は少々長くても可か否か
    • 稀に翻訳した箇所が適用されないことがある
      • Luaソースの問題など
  • “%s” や “%q” などは訳さず、順番も元の並びから変更しない
    • ユーザーの入力や設定情報、デバイスの情報をもとに文字列や値が入る
    • Luaソースに記述された順番で文字列や値が入るため、翻訳での順番を変えると誤った表示になる

LuCIの日本語訳について

  • 既に大半が翻訳済み
    • 2011 – 2013年頃に存在した部分は、ほぼ全てが当時参加した方が翻訳された模様
  • それ以降追加された箇所は私が少しずつ訳して投げてます
  • 新たにGitHubでの参加は、LuCIプロジェクト側の方々も(たぶん)ウェルカム(なはず)
  • 日本語訳で誤訳や改善、疑問等あれば、直接参加(openwrt/luciへのPullRequestまたはissue)か私のフォークのissuesページ
    • 私のフォークへのissueは日本語でOK
    • 翻訳について多くの方に聞きたいことが度々出てくるため、その相談にも乗っていただければ
      • カタカナ2単語間の区切り(中点かスペースか)、専門用語の一般名など
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中