【お知らせっぽいもの】大破.netについて

このブログではOpenWrt / LEDE-Projectファームのダウンロード先が大体自宅鯖の 大破.net になっていますが、現在IPv6でしかアクセスできません

2017/01/31 追記:なんとかIPv4でもアクセスできるようにはなりました。ただし、ISP (BIGLOBE) 側回線が非常に低速かつ不安定なため、接続が不安定です。

なんでそんなことになっているかというと、回線速度の遅さに耐えかねてBIGLOBE(を含めた数社)が提供するIPv6 (IPoE)接続提供サービス “v6プラス” を申し込んだところ、30分程度で切り替わってしまったうえ、IPv4によるサーバ公開ができない状態になってしまったためです。

詳細な流れは以下の通り。

  • 去年11月辺りから速度が極端に下がり(日中下り160Mbps程度あったのが20Mbps前後に)、夜間は10Mbps未満に
  • 耐えかねて父にISPの変更を相談するも、ISP(BIGLOBE)のメールアドレスを広く使用していたため難色を示される(SMTP / POP3等でのメール送受信不可になる)
  • ISPを変えずに改善できないか探る
  • “v6プラス” を見つける
  • “v6プラス” ではMAP-EによりIPv4アドレスが複数の加入者線で共用となるためサーバ公開不可となるものの、別途ルータ使用で従来のPPPoEも可という情報を得て申し込み
  • 当日30分程度で切り替わってしまう ←!?
  • 回線速度が一日通して下り150Mbps~180Mbps程度(無線)で安定する(ONU (PR-S300HI)との有線接続では300Mbps以上)
  • 従来のIPv4 PPPoE接続を試すも、トンネルは確立されるがインターネット側への通信が一切通らず ←???

各方面の方々のアドバイスで、ONUからサーバまでの間に無線を介しているためPPPoEが繋がらない、ということが判明しました。現在試行錯誤してIPv4 PPPoEを接続できるようにしています…

大体こんな感じ。
参考にしたサイトではPPPoEセッションを張ることでサーバの公開を継続しているものの、当方ではまったく通信できずお手上げ状態。∩( ・ω・)∩ ばんじゃーい
そんなわけで、当方のサーバは現状IPv4を諦めてIPv6でのアクセスのみとなっています。

IPv6移行期とはいえ、世の中の家庭のネットワークは大体がIPv4な現在。やっぱりIPv4のアクセスも受け付けたいところですが、未だに仕事も見つからず貯金することもできないのでどうすることもできません。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中