LM750/LS6RでVHDブートに失敗

こんにちは、Windows 10 Technical Previewのインストールについて書くと言いつつ書いていない私です。

つい最近、ノートPCのNEC LM750/LS6Rの挙動がいまいち良くなかったりしたので、いつも通りリカバリしました。(ただし今回は、1TBのHDDをC:\→200、D:\→800GBに分けました。)

リカバリ前に、Windows Embedded 8.1 Industry Pro(以下 WE8)とWindows Server 2012 R2(以下 WS12R2)の入っているVHDをデスクトップPCに2つとも退避しました。そしてリカバリ完了後、800GBのDドライブにデスクトップPCからコピー。

BCDEDITにて{current}のWindows 8のレコードを、/dオプションでdescriptionをそれぞれ” Windows Embedded 8 Industry Pro ”、” Windows Server 2012 R2 ”にしたうえで2つコピー。

そして、起動には要らない(と勝手に思っている)

・recoverysequence

・recoveryenabled

・resumeobject

の3つを/deletevalueにて削除。リカバリとか休止モード用?

続いて、どこからOSを読み出すかをdeviceとosdeviceで設定。なぜ2つあるのかは教えて偉い人。

とりあえず、Dドライブ直下にWE8はWE8IP.vhd、WS12R2はWinSrv12R2.vhdでそれぞれVHDが置いてあるので、BCDEDITにて

BCDEDIT /SET { (WE8のidentifier) } device VHD=[D:]\WE8IP.vhd

BCDEDIT /SET { (WE8のidentifier) } osdevice VHD=[D:]\WE8IP.vhd

とかやってdeviceとosdeviceを設定。WS12R2も同じ感じでやりました。

さてそこまでやったところで、BCDEDITを叩いてここまで設定したところを確認。

すると、VHDファイルの指定が .vhdではなく .vhdxになっていたことが発覚。Windows 8世代以降は、VHDの拡張規格であるVHDXもVHDブートするドライブとして利用できるようになっていて、最近はこっちを使うことが多かったので間違えた様子。WE8とWS12R2の両方を書き直して、再起動をかけます。

・・・OS選択画面が出てこない・・・。

見事にスルーしてWindows 8.1が直接起動しました。ただ、黒画面の時に時間がかかるのは、何か読み込もうとしてるっぽい?

とりあえずWindows 8.1でログインし、BCDEDITを叩いて設定見直し。

Windows ブート ローダー
--------------------------------
identifier              {e0eb4efc-5376-11e4-9224-fadfe8c4e1ad}
device                  vhd=[D:]\WinSrv12R2.vhdx
path                    \WINDOWS\system32\winload.efi
description             Windows Server 2012 R2
locale                  ja-JP
inherit                 {bootloadersettings}
integrityservices       Enable
isolatedcontext         Yes
allowedinmemorysettings 0x15000075
osdevice                vhd=[D:]\WinSrv12R2.vhd
systemroot              \WINDOWS
nx                      OptOut
bootmenupolicy          Standard

Windows ブート ローダー
--------------------------------
identifier              {e0eb4efd-5376-11e4-9224-fadfe8c4e1ad}
device                  vhd=[D:]\WE8IP.vhd
path                    \WINDOWS\system32\winload.efi
description             Windows Embedded 8 Industry Pro
locale                  ja-JP
inherit                 {bootloadersettings}
integrityservices       Enable
isolatedcontext         Yes
allowedinmemorysettings 0x15000075
osdevice                vhd=[D:]\WE8IP.vhdx
systemroot              \WINDOWS
nx                      OptIn
bootmenupolicy          Standard

 

はい、思いっきりVHD指定ミスでした。どーやら .vhdxから .vhdに直したときに、2か所直し忘れてたようです。

WS12R2では

device vhd=[D:]\WinSrv12R2.vhdx

のまま、WE8では

osdevice vhd=[D:]\WE8IP.vhdx

のままになってました。

早速この2か所を修正。.vhdに直しました。

んでもって再起動。今度はしっかりOS選択画面が表示され、WE8もWS12R2も正常に起動できるようになりました。

今日はここまでー・・・眠いっ!というわけでおやすみなさいませ。

10月18日・19日にOSC 2014 Tokyo/Fallがあることを偶然にも知ったので、どちらかの日に出没するかもしれません。

それではまた ヾ(:3」∠)_

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中