Windows 8雑記

このブログに来られた方々が使った検索ワードを見て思ったことなどを、ダラダラとまとめ。

まず、Windows 8はセキュリティ対策を標準搭載されているWindows Defender が行っているため、ユーザーがサードパーティー製のセキュリティソフトをインストールする必要は無し。

ただし、ユーザーがインストールすることもでき、その場合はWindows Defender がトラブル防止のため、自動で無効になります。この前の記事でも書きましたが、念のため。

 

次に、未だに提供されていない、初代Intel Core iシリーズ(Clarkdale)に搭載されているHD GraphicsのWindows 8対応ドライバですが、inf ファイルを改変して無理矢理使用する方法が以前のConsumer Previewの記事とはわずかに異なっています。

 

また、たまにCosumer Previewの使用期限を解除するなどというワードで検索して来られる方がいるようですが、バグだらけで、しかもWindows 8 Enterpriseの試用版が提供されている今、Release Previewよりも古いConsumer Previewでそんなことをしても意味は無いです。そんなことをしてまで使おうとするならDSP版のWindows 8を購入してください。

Windows 7までのDSP版にあった、パーツと同時に購入し、そのパーツと一緒に使用しなければならないという制限は無くなっているうえに、コンシューマー向け最上位であるWindows 8 Proでさえ1万5千円程度で購入できます。

※なお、Windows 8 Release Previewの提供は終了したらしいです。

 

さて、最近気づいたのですが、Windows 8からはデスクトップテーマの形式が従来の.themepackに加え、.deskthemepackにも対応したようですね。

新しい形式は、おそらくWindows 8から対応した壁紙のスパン表示のためのものだと思いますが、Windows 7はこの形式に対応していないため、使用することはできないようです。スパン表示というのは、まだイマイチ理解しきれていませんが、どうやら複数のモニタを使用している場合に、1枚の壁紙を複数台のモニタに表示するもののようです。

そのため、Microsoftのサイトで提供されている.deskthemepackのテーマパックは収録されている壁紙が16:9以上に横長のものが多く、一台のディスプレイで壁紙をディスプレイの横幅に合わせる設定にした場合は、上下が切れてしまいます。

 

そして今度はAdobe Flash Player。Windows 8からは、Internet Explorer 専用のActiveX版Flash Player がOSに統合されたため、ユーザーが別途インストールする必要はありません。

ただし、OSに統合されたため、ActiveX版 Flash Player の更新はWindows Updateを通して提供されます。

なお、Internet Explorer以外のブラウザで使用されるプラグイン版Flash Player は統合されていないので、自分でインストールする必要があり、更新もFlash Player 側で独立して行われます。

 

とりあえずはここまで。

何か他に疑問などありましたら、コメントかTwitter まで。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中