Windows 8 CPでWLI-UC-G301Nを使う

さて、先日このブログで「WLI-UC-G301Nのドライバは、エアナビゲータのインストーラから

インストールできない」と書きましたが、インストールする方法がありました。すみません。


2012年9月13日 追記

9月12日に、エアナビゲータライト Ver.13.10が公開されました。このバージョンでは、Windows 8における、本記事で取り上げたWLI-UC-G301Nを含む多数のBUFFALO製 無線LAN子機の動作がメーカー側で確認され、インストーラ側も正式にWindows 8に対応しました。

このため、Windows 8においても、この記事の操作を行うことなくドライバーをインストールできます。

Windows 8での動作が確認された無線LAN子機、及び旧バージョン(Ver.13.20)からの変更点はこちら(公式資料)

※2012年12月28日現在、エアナビゲータ最新版はVer.13.21です。ダウンロードは以下のリンクよりできます。

エアナビゲータライト Ver.13.21


===========現在は、以下の手順は不要です============

1.ドライバをダウンロード

BUFFALOのサイトより、WLI-UC-G301Nのドライバを含む(その他の子機のドライバも含まれます)、

エアナビゲータライト Ver.13.21

をダウンロードします。

2.実行ファイルを起動する

ダウンロードした実行ファイルを起動します。

この実行ファイルは、エアナビゲータが圧縮されていて、実行すると展開が開始され、終了後PCからLANケーブルを抜くように指示されます。

setup-tenkai

このダイアログでOKを押下すると、ユーザーアカウント制御が有効な場合はUACの権限昇格ダイアログが表示されますが、いいえを押して終了させます。UACが無効になっている場合はインストーラが起動するので、終了させてください。

setup-lan

3.インストーラの設定

ダウンロードした実行ファイルを実行した際に、ファイルが展開された場所を開きます。標準では、

C:\BUFFALO\airnavilite-1300

以下に展開されています。


2012年9月13日にエアナビゲータが最新版(13.10)に更新されたため、パスは恐らく

C:\BUFFALO\airnavilite-1310

に変更されていると思われます。


installer-c

ここにあるAirNavi.exeとANLite.exeをそれぞれ右クリックしてプロパティを開き、互換性タブから互換モードをWindows 7にそれぞれ設定します。

installer-gokan

4.ドライバーとソフトウェアのインストール

設定したら、ANLite.exeを起動し、インストーラの指示に従ってインストールを進めます。恐らくドライバも問題なくインストールできるはずです。

以上でインストールは完了です。

倍速設定ツールからWLI-UC-G301Nが認識されない場合は、互換モードでいろいろ試してみると認識されるようになるかもしれません。

なお、Windows Server 8 Betaの場合もインストール方法は同じですが、その前に無線LANのサポートを有効にする必要があります。これが有効になっていないと、ドライバやソフトウェアのインストールはできてもアダプタが有効にならず、使用することができません。

この機能はサーバーマネージャーの機能と役割の追加から機能を追加することで有効化できますが、有効化には必要なコンポーネントのダウンロードを行わなければならないので、一時的に有線LANでネットワークに接続する必要があります。

 


2012年4月5日 エアナビゲータのバージョンが更新されたため、リンクのバージョン(表示のみ)その他を修正しました。リンク先URLの変更はありません。エアナビゲータの変更点はこちらです。

2012年9月13日 エアナビゲータのバージョンが更新され、リンクの表示を修正。またWindows 8におけるインストールに関しても、注意文を掲載。

Windows 8 CPでWLI-UC-G301Nを使う」への5件のフィードバック

  1. windows8.1にupgradeしたらG301Nドライバーがどうしてもいんすとーるできませんでしたが,本コメントを拝見して,互換モードをWindows XPにしたらインストールできました(Windows7ではだめでした)。ものすごく貴重な情報ありがとうございました(^o^)

    • コメントありがとうございます。
      8.1は私もノートPCの方のみで導入したのですが、そのような問題もあるのですね・・・。
      少しずつ弄ったりしてますがまだWindows 8登場時ほどには至らないので、このように特定の環境で起こる事例の情報はありがたいです。
      少しずつ時間を見つけて、また動作確認などしようと思います^_^;

    • コメントありがとうございます!
      そのままではエアナビゲータのシステムチェックに引っ掛かりインストールできませんが、互換性を設定するだけでインストールできてしまうのが嬉しいですね。
      Windows 8はまだベータ版なので、Windows 8に暫定的ながら対応しているドライバを提供しているメーカーはまだ少数ですが、今後増えていって欲しいですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中